神奈川の旅行会社TCJの旅行体験記(第2回)

2020/03/11 ブログ

本日も、シリーズ第2回目として、TCJの社員が実際に体験したツアーや観光地等を、独自の評価でお話しさせていただきたいと思います。

今回は、日本の一大リゾート地沖縄県八重山諸島の中の1つ、「何もしないことを楽しむ島・小浜島」のはいむるぶしについてご紹介させていただきます。
まず、こちらのホテルは何といっても40万㎡の敷地をほこり、東京ドームに換算すると約8.5個分もあり、歩いて散策するのには、少し広すぎるかもしれません(笑)
ホテルセンター棟に、レンタルカートの貸し出しも行っているので、移動も楽々!
私たちが宿泊した際もレンタルカートを利用しました。
やはり、天望露天風呂やプールに向かう分には、徒歩で迎える距離ですが、海の近くまで行くとなると、ホテル自体が高台にあるため、
園内を隈なく散策されたい方には、レンタルカートをお勧めいたします!

続きまして、お部屋ですが、私たちが宿泊したのはスタンダードタイプのお部屋でしたが、広さが47㎡もあり
お部屋の中でも広々とのんびり寛ぐことが出来ました。
また、窓を開けると、南国らしい気持ちい風が吹き込み、時間を忘れリラックスすることができました。

次に、リゾートホテルでは珍しく、大浴場が併設されております。
こちらの天望露天風呂からは、エメラルドグリーンの海と南国の自然を満喫しながらゆったり浸かることが出来ます。
夕暮れ時にはサンセットを、夜には星空を眺められ、心身共にリラックスすることが出来ます。

続いて夕食ですが、琉球・和食・洋食のブッフェスタイルで、様々な料理を好きなだけ召し上がれ、
もちろん、ゴーヤチャンプルなどの沖縄料理も提供されております。
私たちが宿泊した際には、ツアーのオプションで500円で夕食をつけることが出来ましたので、
通常価格より3,900円もお得に食事をすることができました。
ちなみに、この500円で夕食が食べれるオプションは、現在も実施されております。

以上がホテルのご説明となりますが、はいむるぶしへアクセス方法についてお得な情報がございます。
はいむるぶしのある小浜島に行くためには、石垣島よりフェリーに乗船しなくてはなりません。
ただ、こちらのフェリー片道で1,240円もかかります。
そこでお勧めなのが、オプションで八重山フェリー1日フリーパスが500円でつけることができます。
はいむるぶしに向かわれる際には、必ずこちらのオプションをつけていただくことをお勧めします!

また、こちらのフリーパスは、小浜島のほかに竹富島や西表島など八重山諸島の島国にも
ご利用いただけますので、1日目や翌日以降に西表島で水牛乗車体験やアクティビティを
楽しまれるためにも、このフリーパスはお勧めいたします!

なお、上記に記載させていただきました、水牛乗車体験やアクティビティにも格安オプションが
ございますので、ぜひともご活用ください。

南国沖縄でののんびりとした時間をぜひとも、ご体験ください。